現場を体験し、実践的な解決力を。 福祉学科 Department of Social Work

福祉学科は、社会福祉の専門家である「ソーシャルワーカー」をめざす学科です。ソーシャルワーカーは社会的に困っている人の相談援助をする専門家として、さまざまな機関に所属し能力を発揮しています。国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の取得に加え、総合大学ならではの幅広い学びと、社会福祉の専門家が指導する実践的な学びで、真に社会で活躍できる人材を育成します。

授業の特徴

ソーシャルワーカー
の養成

ソーシャルワーカーの仕事は、社会的に援助や支援を必要としている人が、生活を維持・向上できるように支える「社会 福祉の実践」です。相談援助を中心に、地域づくりや施設管理などを行い、社会問題を解決する力を身につけます。

専門家から
実践的に学ぶ

ソーシャルワークの専門家が教員となり、授業と実習を通じて実践的な学びができるのが特徴です。また、地域・障がい・ 高齢・児童・家庭・医療・精神保健など、幅広い分野から興味があるものを選択し、専門性を高めることができます。

総合大学ならではの
幅広い学習

立教大学では全学部で共通選択できる科目があり、学部・学科を越え、さまざまな授業を受けることができます。福祉の「専門性」を高めることに加え「教養」も身につけることで、真に社会で活躍できる人材に育って欲しいと願っています。