教員紹介

福祉学科

  • 松山 真(教授/学科長)
    松山 真(教授/学科長) | ソーシャルワーク論 医療ソーシャルワーク実践論

    長年病院でソーシャルワーカーとして、病気と生活の問題を持った人の相談を受けてきました。ソーシャルワークは、人と環境双方に働きかける実学です。その知識・技術そして価値を学びとって下さい。

  • 芝田 英昭(教授)
    芝田 英昭(教授) | 社会保障論 介護保険論

    世界経済は、未曽有の経済不況に見舞われているが、その中で最も弱い立場にある無職者、子ども、障がい者がセイフティネットであるはずの社会保障からも漏れ落ちている。この現代社会の矛盾を、紐解く第一歩が立教大学の中にある。

  • 長倉 真寿美(教授)
    長倉 真寿美(教授) | 高齢者福祉論 ケアマネジメント論

    年をとっても色々なことを諦めないで住み慣れた家庭や地域で暮らしていける、そんな社会にするためには、国や市町村、地域に住む私達自身がそれぞれ何をすべきか、一緒に議論し、考えていきましょう。

  • 西田 恵子(教授)
    西田 恵子(教授) | 地域福祉論 相談援助演習

    一人ひとりの可能性と力を活かす道の作り方を一緒に考えましょう。

  • 平野 方紹(教授)
    平野 方紹(教授) | 現代社会と福祉 公的扶助論

    今、貧困、格差、虐待、孤立、排除などの深刻な社会問題の拡がりに「福祉」がどう対応するのかが問われています。国民の期待に応えた社会福祉をどう実現するのか、みなさんと一緒に考えたいと思います。

  • 結城 俊哉(教授)
    結城 俊哉(教授) | ノーマライゼーション論 障害者福祉論

    「障害のある人々」の生活課題への支援を通して「人権の尊重」と、「誰もが共に生きることを可能にするコミュニティ」とは何かについて一緒に考えてみませんか?「希望」を探求し未来(夢)を実現するための「学び」がここにあります。

  • 湯澤 直美(教授)
    湯澤 直美(教授) | 家族福祉論 ジェンダー論

    なぜ、社会には差別があるのか。なぜ、親密な家族で暴力が起きるのか。なぜ、同じ時代に生まれながら幸せに格差があるのか。たくさんの「なぜ」にこだわりつつ、「私の幸せが私達の幸せである社会」を創りたいと思っています。

  • 飯村 史恵(准教授)
    飯村 史恵(准教授) | 権利擁護と成年後見制度 福祉マネジメント論

    一人ひとりを大切にしながら、お互いを尊重し合える社会、人々と信頼に基づいた連帯を実感できる社会、豊かで暖かな関係を築くことのできる社会をめざして、社会福祉の立場から、今何を成すべきかを問い続けたいと考えています。

  • 後藤広史(准教授)
    後藤 広史(准教授) | 現代社会と福祉、ソーシャルワーク論2

    専門は貧困問題で、特にホームレスと呼ばれる人たちに対する支援のあり方を研究しています。生活に困窮する人々が地域社会の中で尊厳を持って生活するために、どのような支援が求められるのかを社会福祉的な観点から明らかにしたいと思っています。

  • 杉山 明伸(准教授)
    杉山 明伸(准教授) | 医療福祉論 精神保健福祉援助技術総論

    病院でソーシャルワーカーが出会う方々は病気の上、生活課題があり、ご自分で解決するには困難な状況におられます。支援させていただく際、私たちは何を備えていたらいいのか、一緒に考えていきたいと思います。

  • 赤畑 淳(特任准教授)
    赤畑 淳(特任准教授) | 精神保健福祉論、精神保健福祉援助技術各論

    精神保健医療福祉の現状を見つめながら、多様なメンタルヘルスの課題について、ソーシャルワークの視点から一緒に考えていきたいと思います。支援とコミュニケーションのあり方についても、理論と実践を通して学びを深めていきましょう。

  • 岡 桃子(助教)
    岡 桃子(助教) | 社会福祉援助技術演習 福祉ワークショプ

    子供と家族の力を引き出すコミュニティを一緒に創りましょう。

  • 田中 悠美子(助教)
    田中 悠美子(助教) | 高齢者福祉、地域福祉、認知症ソーシャルケアサポート

    地域ケアシステムについて研究しています。介護や子育ての悩みを家庭内で抱えこまずに、社会の中で解決できるしくみや、ソーシャルサポートのあり方について考えていきたいと思っています。

  • 三宅 雄大(助教)
    三宅 雄大(助教) | 基礎演習、社会福祉援助技術現場実習

    人間の必要(needs)とは何であり、なぜそれは充たされるべきなのか。そしてまた、いかにして充たすことができるのか。抽象と具象を往復しながら、皆さんと共に学んでいきたいと思います。

コミュニティ政策学科

  • 北島 健一(教授/学科長)
    北島 健一(教授/学科長) | コミュニティ・ビジネス 雇用と福祉

    「ビジネス」というと他人を出し抜いて利益を追い求め、そのため人間関係を育むどころか壊してしまうというイメージがあるかと思います。「ともに生き暮らしていく」ための経済を考えていく必要があるのではないでしょうか。

  • 三本松 政之(教授/学部長)
    三本松 政之(教授/学部長) | 現代コミュニティ論 社会問題の社会学

    地域社会学と福祉社会学の視点から社会的弱者やその排除と包摂をテーマにした研究に取り組んでいます。現在は外国人移住者の生活課題や支援策について埼玉県や神奈川県をフィールドに、また韓国でも同様の調査を進めています。

  • 河東 仁(教授)
    河東 仁(教授) | 日本文化と思想 アジアの宗教と文化

    コミュニティについて考える際、ハード面つまり制度的な側面だけでなく、ソフト面つまり文化的な側面についても論じていく必要があります。新しい文化を産み出すためにも、これまでの文化や思想を振り返ることは欠かせません。

  • 木下 武徳(教授)
    木下 武徳(教授) | コミュニティ政策学入門 社会政策

    私たちが住む地域を
    どうよくするか、
    未来志向で考えていきましょう。

  •  空閑 厚樹(教授)
    空閑 厚樹(教授) | いのちの倫理学 持続可能な福祉コミュニティ

    「いのち」に焦点をあてて、生命倫理の問題について学生と一緒に学び、考えています。 借り物の言葉ではなく、自分の言葉で「いのち」をめぐるさまざまな課題について語り合えることを目標にしています。

  •  鈴木 弥生(教授)
    鈴木 弥生(教授) | 社会開発論 国際NGO論

    途上国における援助と社会開発について、バングラデシュを例に研究しています。外国援助は貧困層にいかなる影響を及ぼしているのか。現地NGOはどのような理念の下で活動しているのか。また、内発的発展についても言及します。

  • 外山 公美(教授)
    外山 公美(教授) | 行政学 政策過程論

    私の研究対象とする行政や政策は常に生成され、変動しています。講義ではこれらの動向を観察する眼を養うことを目的とし、ゼミでは公務員試験にも対応できるように積極的に現地調査にも出かけ、学と実務の交流を実現します。

  • 原田 晃樹(教授)
    原田 晃樹(教授) | 地方自治論 パートナシップ論

    地方分権や規制緩和・民営化が叫ばれる中、政府間関係や官民の役割分担はどうあるべきかに関心があります。 ゼミでは、地域活性化や官民の協働などをテーマに、さまざまな現場に関わります。

  • 藤井 敦史(教授)
    藤井 敦史(教授) | NPO論 ボランティア論

    社会的排除問題に関わるNPOや社会的企業のマネジメント、並びに制度的基盤について研究しています。ゼミでは、障害者雇用やホームレス等、様々な領域で活躍するNPOの現場に出向いてヒアリング調査を行っています。

  • 権 安理(准教授)
    権 安理(准教授) | 公共哲学 コミュニティ平和論

    コミュニティで、人と人が関係すること。この点について、「地域における廃校活用」という具体例から調査し、また、「公共哲学」という哲学、思想から考えを深めています。授業では、廃校活用の現場でフィールドワークも行います。

  • 斉藤 知洋(助教)
    斉藤 知洋(助教) | 計量社会学・社会階層論・家族社会学

    低所得・貧困家庭やひとり親世帯のもとで生育した子どものライフコース上の不平等について社会階層論・家族社会学の視点から研究しています。 主に量的調査科目を担当し、授業では統計的データをもとに「社会」や「福祉」を捉える多角的視点を涵養することを目的としています。

  • 阪口 毅(助教)
    阪口 毅(助教) | 地域社会学、都市社会学、コミュニティ論

    コミュニティの境界がどのようにつくり変えられていくのかについて、歴史的な視野を持ったフィールドワークに基づいて研究しています。畏れと勇気をもって、フィールドから/のなかで学んでいきましょう。

  • 山口 綾乃(助教)
    山口 綾乃(助教) | グローバル社会で活躍するための英語 海外留学・インターン英語

    Together you and I have the chance to find happiness as it pertain to culture.

スポーツウエルネス学科

  • 安松 幹展(教授/学科長)
    安松 幹展(教授/学科長) | 運動生理学 スポーツ科学総論

    特に球技種目における生理学的特性や体力要素を、実際のゲームや実験室での測定から抽出し、暑熱環境下でパフォーマンス維持に効果的な水分補給や暑熱順化、体冷却方法を、環境制御室での生理学的実験から究明していきます。

  • 大石 和男(教授)
    大石 和男(教授) | スポーツウエルネス心理学 メンタルマネジメント

    皆さんがこの世に生まれてきたからには、そこに何らかの意味があると考えられないでしょうか。この学部で、福祉やスポーツ活動の実践や運営などを通して、あなたにしかできない何かの役割や使命を見つけられるかもしれません。

  • 加藤 晴康(教授)
    加藤 晴康(教授) | ウエルネススポーツ医学 生活習慣病の科学

    医学的視点から、スポーツにおけるヒトの生理学的な変化を研究しています。スポーツ医学として、成長期スポーツ障害を予防するための検討や、身体ホルモンが日内リズムや骨に及ぼす影響などの研究活動を行っています。

  •  杉浦 克己(教授)
    杉浦 克己(教授) | 運動・スポーツ栄養学 ウエルネス科学総論

    スポーツをはじめとする人間の各種パフォーマンスを高めるための栄養摂取、食事・飲料・サプリメントについて研究しています。ゼミでは食品を企画したり、食育・栄養サポートの方法について議論し実践していきます。

  • 濁川 孝志(教授)
    濁川 孝志(教授) | ウエルネス福祉論 ウエルネス福祉演習

    スピリチュアルな発想に基づく“いきがい論”を中心に、全人的QOLの向上を目指した「心身ウエルネス論」の研究をしています。またウエルネス論の一環として、環境問題も関心の深いテーマのひとつです。

  • 沼澤 秀雄(教授)
    沼澤 秀雄(教授) | スポーツコーチ学 運動方法学演習2(陸上競技)

    スポーツパフォーマンスを高めるためのトレーニング方法について研究しています。ゼミでは体育の教員やスポーツクラブのコーチなどスポーツ指導者になるための素養を身につけるためのさまざまな活動を行っています。

  • 松尾 哲矢(教授)
    松尾 哲矢(教授) | スポーツ社会学 ユニバーサルスポーツ援助実習

    疑うことのない、当たり前だと思っている知は、誰かが作ったものでしかない、と気づいたとき、自由への扉が開かれる。常識を疑い、真理を探究し、全ての人が自由で共に生きる社会をいかに創造するか、共に考えよう。

  • 石渡 貴之(教授)
    石渡 貴之(教授) | 生理学 運動処方・療法

    私たちを取り巻く生活環境の変化や生活習慣の乱れから生じる生体のさまざまな問題について、生理学的観点と神経科学的観点の両方から物事を捉え、解決策を考えています。キーワードは運動、睡眠、栄養、体温、脳内神経伝達物質です。

  • 佐野 信子(教授)
    佐野 信子(教授) | ウエルネス・プロモーション論 健康運動指導演習

    実技では太極拳やエアロビクスを中心に、講義ではウエルネスやジェンダー、スポーツ倫理などについて担当しています。一人ひとりの個性をいかした体育・スポーツ指導のあり方について、主にジェンダーの視点から研究しています。

  • ライトナ カトリン ユミコ(助教)
    ライトナー カトリン ユミコ(准教授) | スポーツマネジメント論 

    海外の事例と比較する視点から、高度競技スポーツ選手のマネジメントを中心に、「みる・ささえるスポーツ」から「するスポーツ」までのさまざまな領域の日本的スポーツマネジメントの特徴や課題を研究しています。

  • 石井 秀幸(特任准教授)
    石井 秀幸(特任准教授) | バイオメカニクス 動作分析法演習

    力学的、工学的手法を用いて身体動作の仕組みを解明し、スポーツパフォーマンス向上、外傷・障害予防、健康増進、製品開発などに貢献することを目指しています。スポーツと医学と工学のコラボレーションを心掛けています。

  • 中村 大輔(特任准教授)
    中村 大輔(特任准教授) | スポーツ科学総論 スポーツウエルネス研究

    アスリートのコンディショニングについて研究しています。アスリートのコンディショニングは、トレーニング科学、生理学、栄養学、心理学・・・・多岐に渡る理解が必要です。それはなぜか??アスリートやアスリートを支えるコーチ、監督と話ができないからです。”研究と競技現場をつなぐ架け橋”に興味がある学生のみなさんの手助けになることができればと思っています。