課程主任挨拶

前期課程主任挨拶

藤井 敦史教授
前期課程主任 藤井 敦史

コミュニティ福祉学研究科は、「いのちの尊厳のために」という理念の下、ソーシャルワーク研究領域、コミュニティ政策研究領域、スポーツウエルネス研究領域、福祉人間学研究領域という四つの研究領域から構成される大学院です。現代社会において「いのちの尊厳」は守られているでしょうか。私たちは、経済的格差が拡大すると同時に、個人化が進み、様々なリスクに対して自己責任で対処することを求められる社会を生きています。家族・企業・地域といった従来のコミュニティ=セーフティネットが弱体化し、社会的連帯の意識が希薄になれば、当然、他者の「いのちの尊厳」は顧みられなくなるでしょう。コミュニティ福祉学研究科のミッションは、こうした困難な時代において、コミュニティを新しい形で再生させ、持続可能な地域を作り出し、かつ、ソーシャルワークの実践、あるいはスポーツを通じて、人々の幸せ=ウェル・ビーイングを追求することにあります。コミュニティ福祉学研究科は、こうした時代の先端を行く実践的・学際的な研究を志す人々が集い、活発に議論し、学び合う知のコミュニティそのものです。あなたもコミュニティの仲間に加わりませんか。

後期課程主任挨拶

加藤 晴康教授
後期課程主任 加藤 晴康

立教大学コミュニティ福祉学研究科後期課程では、前期課程と同様に4つの分野(ソーシャルワーク研究、コミュニティ政策研究、スポーツウエルネス研究、福祉人間学研究)での研究を行っています。私たちの後期課程に入学する学生数は、立教大学後期課程の中でもトップクラスの人数であり、とても活気あるものとなっています。これまで後期課程で研究をされた人たちは、決して研究者を目指す人ばかりでなく、専門職業人やご自身で種々の活動をされている方々も多くいらっしゃいました。これらの方々は、それぞれの専門分野の現場でご活躍し、貴重なご経験を持たれて入学され、それらの実績を学問的に検証され、素晴らしい論文を多く書かれて終了されています。このように経験を学問的に証明し、さらに分野の発展に寄与することは大変すばらしいことであり、私たちもできるだけサポートしたいと考えています。研究科には、それぞれの専門分野で活躍している多くの教員が在籍しています。もし研究を希望される分野の教員がいましたら、ぜひ私たちの研究科で一緒に研究し、これからの世の中が少しでも良くなるような足跡を一緒に残していきましょう。