コミュニティ福祉学会機関誌『まなびあい』

■機関誌『まなびあい』とは

『まなびあい』は立教大学コミュニティ福祉学会「まなびあい」の機関誌であり、年1回(毎年11月上旬)刊行しています。本誌は、本学コミュニティ学部卒業生、コミュニティ福祉学研究科修了生、在学生および教員間の相互交流と、学生在籍時および卒業後の学びにおける実践報告、論文等を掲載・発表することを目的としています。

■機関誌『まなびあい』掲載論文

第7号~第11号は、立教大学学術リポジトリ(立教Roots)より電子ジャーナルとして無償で公開されています。各号をクリックすると、外部リンクに接続されます。

第11号(2018年10月19日刊行)

第10号(2017年11月1日刊行)

第9号(2016年11月10日刊行)

第8号(2015年11月10日刊行)

第7号(2014年11月7日刊行)

*それ以前の号(第1~6号)については、コミュニティ福祉研究所(新座キャンパス5号館3階)で閲覧することができます。

■投稿について

投稿の締切は毎年8月末日です。投稿規定および執筆要項に従って、原稿を送付してください。毎年6月に執筆申請の募集(7月上旬締切)を行っておりますので、投稿を予定されている方は随時HPの更新をご確認ください。

『まなびあい』投稿規定(2007年11月3日制定/2017年11月11日改定)

論文・研究ノートの執筆要項