1月26日(土)戦略的研究基盤形成支援事業成果報告会の開催

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「うつ病者の社会的支援」および「自殺予防」に関するソーシャルモデル研究・開発」の2012年度成果報告会を開催しました。3つの研究チームごとに発表を行い、それぞれ外部評価委員の先生方にコメントを頂きました。

なお、成果報告会の内容につきましては2012年度成果報告書をご覧ください。

  • 日時:2013年1月26日(土)13:00-17:00
  • 場所:新座キャンパス6号館8階会議室

1.「自殺予防」に関する研究チーム

 13:00~13:30 「社会福祉学からみた自殺予防」(福山 清蔵)
13:30~14:10 コメント及び質疑応答
【外部評価委員】 日本自殺予防学会 斎藤 友紀雄 理事長

2.「うつ病者の客観的指標・運動プログラム」に関する研究チーム

14:20~14:50 「唾液中免疫グロブリンを用いたストレス評価 ~ うつ病者の社会復帰支援に向けて~」(満石 寿)
14:50~15:30 コメント及び質疑応答
【外部評価委員】 東洋大学ライフデザイン学部 神野 宏司 教授

3.「うつ病者の就労支援」に関する研究チーム

 15:40~16:10 「社会的企業の社会包摂:日本における社会的企業の実態と政策課題」 (原田 晃樹)
16:10~16:50 コメント及び質疑応答
【外部評価委員】 聖学院大学政治経済学部 大高 研道 教授
17:00 まとめ、終了