『Sport Policy for Japan 2015』においてスポーツウエルネス学科学生松尾ゼミチーム(3年生)が“最優秀賞”を受賞!!

『Sport Policy for Japan 2015』におけるスポーツ政策提言のコンペティションで立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科学生松尾ゼミチーム(3年生)が見事、“最優秀賞”受賞!!

松尾ゼミチーム151130

“最優秀賞”を受賞したコミュニティ福祉学部
スポーツウエルネス学科3年生松尾ゼミチーム
左から加藤森さん、西智史さん、熊坂春子さん、糸瀬裕子さん

日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、スポーツ政策提言を競い合い、意見交換を行う、『Sport Policy for Japan 2015』(主催:Sport Policy for Japan、(公財)笹川スポーツ財団、後援:スポーツ庁、(公財)日本オリンピック委員会、(公財)日本体育協会)が、2015年11月28日・29日、東海大学高輪キャンパスにて開催されました。

この『Sport Policy for Japan 2015』には、立教大学、一橋大学、早稲田大学、明治大学、順天堂大学、東海大学、同志社大学、大阪体育大学、徳島大学、神奈川大学をはじめ19大学が参加し、参加チームは39チーム(201名)を数え、「実現性部門」(28チーム)と「独創性部門」(11チーム)に分かれて自分達が考えるスポーツ政策提言を行いました。立教大学からもコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年松尾哲矢ゼミチーム(1チーム)が「実現性部門」に参加しました。

スポーツ政策提言のプレゼンテーションは、部門毎に予選、決勝のコンペティション方式(競技会方式)で行われ、松尾ゼミチームが行った『被災地における子どもの運動促進プロジェクト』(コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生、熊坂春子さん、糸瀬裕子さん、加藤森さん、西智史さん)が見事、「実現性部門」“最優秀賞”を受賞しました!!