『Sport Policy for Japan 2016』においてスポーツウエルネス学科学生松尾ゼミチーム(3年生)が“最優秀賞”、 “優秀賞”をダブル受賞!!

日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ全国の大学3年生が、スポーツ政策提言を競い合い、意見交換を行う、『Sport Policy for Japan 2016』(主催:Sport Policy for Japan、(公財)笹川スポーツ財団、後援:スポーツ庁、(公財)日本オリンピック委員会、(公財)日本体育協会)が、2016年10月29日・30日、明治大学駿河台キャンパスにて開催されました。

この『Sport Policy for Japan 2016』には、全国から立教大学、一橋大学、早稲田大学、明治大学、順天堂大学、東海大学、同志社大学、大阪体育大学、帝京大学、神奈川大学、札幌大学をはじめ21大学が参加し、参加チームは54チーム(283名)を数え、自分達が考えるスポーツ政策提言を行いました。立教大学からもコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生松尾哲矢ゼミチーム(3チーム)が参加しました。

スポーツ政策提言のプレゼンテーションは、予選、決勝のコンペティション方式(競技会方式)で行われ、松尾ゼミナールBチームが行った『特別支援学校におけるスポーツ活動の定着促進~スポーツを身近な存在へ~』(コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生、丸茂建太さん、秋山奈穂さん、小檜山匠さん、坂本 航さん、外岡里佳子さん、中尾彩夢さん)が見事、“最優秀賞”を受賞しました!!

また、松尾ゼミCグループが行った『「女性スポーツ」改革プロジェクト』(コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生、朝倉菜緒さん、宮崎亜美さん、阿部まどかさん、小川貴世依さん、楠部由莉さん、佐久間遥香さん)が見事、“優秀賞”を受賞しました!!

2016spj%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9e

“最優秀賞”を受賞したコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生松尾ゼミチーム
左から坂本 航さん、小檜山匠さん、丸茂建太さん、中尾彩夢さん、秋山奈穂さん、外岡里佳子さん

2016spj%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9e2

“優秀賞”を受賞したコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科3年生松尾ゼミチーム
左から楠部由莉さん、阿部まどかさん、宮崎亜美さん、朝倉菜緒さん、小川貴世依さん