学会誌『まなびあい』第14号 執筆申請を募集

コミュニティ福祉学部の皆様
コミュニティ福祉研究科の皆様
コミュニティ福祉学会会員の皆様

 

立教大学コミュニティ福祉学会では、ただ今、学会誌『まなびあい』第14号の執筆申請を募集しております。

 

コミュニティ福祉学会“まなびあい”は、アカデミックな一般学会とは異なり、知識だけではなく、現場での経験や知恵を持ち寄って、互いに学びあうことを大切にしています。

『まなびあい』は、研究論文はもちろん、エッセイや活動報告など、他の紀要、論文集にはない比較的自由な形式で寄稿することができる、コミ福らしい学会誌です。
また、寄せられた論稿の中から優れた研究や実践を奨励すべく『研究実践奨励賞』を設けており、受賞者には賞状、副賞が贈られます。
卒業論文を、規定の文字数に再構成して投稿することも可能です。
原稿の長短に関わらず、論文以外の原稿も受賞の対象となります。

 

昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症が生活に及ぼした影響に関する投稿も歓迎します。
私たちの学びと生活は、長期化する新型コロナウイルスの感染症の拡大で大きく変化しました。
今後の生活のあり様や、皆さんの貴重な声を是非、お聞かせください。

 

学生の皆様、会員の皆様に、この機会にぜひ、チャレンジしていただきたいと思います。

 

 

締切

執筆申請締切:2021年6月30日(水)

原稿提出締切:2021年8月31日(火)

 

 

皆さまのご応募を心よりお待ちしています。

  • 『まなびあい』第14号 原稿募集概要はこちら
  • 『まなびあい』第14号 執筆申請書はこちら
  • まなびあい投稿規程はこちら
  • 研究実践奨励賞募集要綱はこちら