堀田文郎さん(大学院博士課程後期課程1年、松尾研究室)が日本スポーツ社会学会で「学生研究奨励賞」を受賞

2022年3月19日(土)・20日(日)、東海大学を主管校として開催(オンライン開催)された日本スポーツ社会学会第31回大会において、コミュニティ福祉学研究科博士課程後期課程1年次(発表時は同研究科博士課程前期課程在籍)の堀田文郎さん(指導教員:松尾哲矢教授)が「ボディビル競技における『のめり込み』に関する実証的研究:競技者の『道理性』に着目して」という演題で発表し、「学生研究奨励賞」を受賞しました。

堀田さんと指導教員の松尾教授

 

学生研究奨励賞受賞コメント
コミュニティ福祉学研究科博士課程後期課程1年次 堀田文郎さん

この度、日本スポーツ社会学会第31回大会において2021年度学生研究奨励賞(発表部門)を賜ることができ、大変光栄に思っております。日頃よりご指導を賜っております松尾哲矢先生をはじめ、スポーツのみならず様々な視点からご助言をしてくださるコミュニティ福祉学研究科の先生方、共に切磋琢磨しております松尾研究室の皆様にたくさんのお力添えを頂き、受賞することができました。改めて御礼申し上げます。
私の研究(研究題目「ボディビル競技における『のめり込み』に関する実証的研究:競技者の『道理性』に着目して」)は、筋肉を鍛え上げることに心血を注ぐボディビル競技者とその身体との関係性を読み解くことで、ボディビル競技者が競技に身を投じることの論理を解き明かす試みです。
今回の受賞は、研究の成果を評価いただいたことに加え、ボディビル競技が学術的な研究対象として注目いただいたという意味においても大変うれしく思います。
また、このようにご評価いただきましたことは、ボディビル競技研究の今後の発展に対する期待も込めてのものであると受け止めております。微力ではありますが、ボディビル競技研究の学術的発展に貢献できるよう、今後ともより一層研究に精進してまいります。皆様、引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。