このページは在学生向けです 受験・進学をお考えの方のための新しい情報はこちらをクリックこのページは在学生向けです 受験・進学をお考えの方のための新しい情報はこちらをクリック

人と地域を、次代につなぐ。 コミュニティ政策学科 Department of Community Development

市民社会の力を引き出すコミュニティ政策をデザインすること。これが学科の目標です。学びの出発点は、地域で暮らす人々が抱える具体的な問題。問題を解決するためにはどうしたら良いのか。個人、住民組織、NPO、行政、企業、NGOなど、様々なアクターが協力して問題解決にあたることはできるのか。問題の調査方法、制度や思想を学び、当事者の視点を生かした解決方法を提案・実践し、地域を支える人々のつながりや制度づくりに挑んでいます。

授業の特徴

地域の人々が抱える具体的な問題から出発する。

格差や貧困、過疎化や少子化、空き家・廃校問題、災害、困難を抱える子どもや若者、多文化共生。これらの問題を出発点とし、当事者の視点を生かした課題解決に向けて、コミュニティを基盤とした多様なアプローチを学びます。

持続可能な市民社会を築くための、多様な学問領域を学ぶ。

社会学、政治学、経済学、社会福祉学、地方自治、社会開発学、公共哲学、いのちの倫理学といった学際的で幅広い視点を学ぶことができます。さらにゼミを通じて、専門的な学問からの思考力と行動力を身につけます。

国内外の現場で、実践的なフィールドワークを行う。

少人数制のゼミやインターンシップの授業では、教員が継続的に関わっているフィールドへ出かけ、現場の声を聴き、現場で行動する学習経験を積みます。まちづくりコンテストや政策提言フォーラムにも参加し、大学での学びを社会に発信します。