宮﨑亜美さん(大学院博士課程前期課程2年、松尾研究室)が日本体育・スポーツ・健康学会第72回大会で「学生研究奨励賞」を受賞

2022年8月31日(水)~ 9月2日(金)、順天堂大学を主管校として開催された(一社)日本体育・スポーツ・健康学会第72回大会において、コミュニティ福祉学研究科博士課程前期課程2年次の宮﨑亜美さん(指導教員:松尾哲矢教授)が「キャリア形成をめぐる体育会文化に関する実証的研究―体育会所属学生を対象として―」という発表演題で(一社)日本体育・スポーツ・健康学会第72回大会体育社会学専門領域「学生研究奨励賞」を受賞しました。

 

宮﨑さんと指導教員の松尾教授

宮﨑亜美さんコメント:
この度、日本体育・スポーツ・健康学会第72回大会の体育社会学専門領域において、「学生研究奨励賞」を賜ることができ、大変光栄に思っております。スポーツウエルネス学科の学生時代から、研究のみならず生活面においてもご指導を賜っております松尾哲矢先生をはじめ、スポーツのみならず様々な視点からご助言をしてくださるコミュニティ福祉学研究科の先生方、共に切磋琢磨しております松尾ゼミの皆様に沢山のお力添えを頂き、受賞することができました。改めて御礼申し上げます。
私の研究は、大学で体育会運動部に所属し競技に専心してきた学生が、自身のキャリア形成にかかわる態度や意識を獲得する過程において、体育会に根付く固有の文化、すなわち「体育会文化」がどのような影響を及ぼしているのかを解き明かす試みです。
今回の受賞は、今後の研究への期待値を込めてのものであると受け止め、より一層真摯に研究活動に励む所存で御座います。引き続き皆様からのご指導のほど何卒宜しくお願い申し上げます。